労働相談・労働組合づくり相談

ロイヤルリムジンの600人解雇阻止!

タクシー労働者からの投稿です。

全員解雇の衝撃!

私は勤続16年になるタクシー労働者です。都内のタクシー会社に勤めています。
ロイヤルリムジンで働く運転手600人の全員解雇というニュースは、瞬く間にタクシー業界に広がりました。タクシー労働者のいたるどころで話題になっています。


私の会社では、「タクシーの需給関係を調整する」という目的で、とりあえず1か月間、全従業員の半数にたいして、休職を要請することになりました。65歳以上の年金受給者と感染症に罹るリスクが高い運転手には、休職の要請をしています。もちろん、休業手当(賃金の6割)を会社が出すということを労使協定で認めさせています。

●1日で5400円!

これまでタクシー運転手は、「雇用のプール」と呼ばれ、雇用の調整弁とされてきました。タクシー産業への2度にわたっての規制緩和、さらに昨年10%の消費税導入によって、徐々に運収(売り上げ)が減少してきました。そして今年の2月下旬から一段と運収が減少し、緊急措置宣言が出された以後は、毎日隔勤者(実働時間を最低14時間30分以上勤務する労働契約形態)の平均運収が下がりに下がって、約9000円になりました。運転手の取り分は6割なので約5400円です。


コロナ大不況が、すべての労働者に襲いかかっています。すぐには収まりません。このままでは、労働者は、生活どころか生存さえ脅かされています。労使協調ではダメです。御用組合に同調して、黙っていたらダメです。闘う労働組合をつくろう!

関連記事

コメントは利用できません。