労働相談・労働組合づくり相談

カテゴリー:場面別

ロイヤルリムジンの600人解雇阻止!

タクシー労働者からの投稿です。全員解雇の衝撃! 私は勤続16年になるタクシー労働者です。都内のタクシー会社に勤めています。 ロイヤルリムジンで働く運転手600人の全員解雇というニュースは、瞬く間にタクシー業界に広がりました…

詳細を見る

アマゾンは感染対策をしろ! 米・アマゾン倉庫でストライキ!

アメリカのアマゾン倉庫では、感染予防対策や待遇をめぐって、闘いがまき起こっています。すでに全米6か所のアマゾン倉庫でコロナ感染者が出ているからです。シカゴのアマゾン倉庫では、コロナ感染しても安心して休めるように、有給の病気休暇と年次休暇を…

詳細を見る

コロナ問題 職場での諸要求について

コロナウイルスの影響が各職場に広がっています。感染が判明した千葉在住の20代の労働者は40度の熱が1週間以上続いても中国人との接触がないとの理由で検査を拒まれ、また「簡単には仕事を休めない」と無理して通勤していたと報じています。…

詳細を見る

コロナウイルス関連の雇い止めや解雇を許すな! 使用者には雇用と賃金の責任がある 体調不良で休めない職場の現状を変えよう。会社の責任で感染対策と賃金補償を! 仲間と地域を守るため、労働者は団結し知恵を出しあい、力を合わせて共に闘おう

2020年2月26日ちば合同労働組合コロナウイルスの感染が拡大している。2月25日現在、「潜在的には数千人の感染者」「感染拡大期に入った」と専門家は指摘している。政府は25日、重症者向けの医療体制を確保するため、症状が軽い人には自…

詳細を見る

はなまる弁護団の「労基法上保護される労働組合活動」とは?

都庁議事堂レストラン解雇撤回闘争の事件で、被申立人「はなまる」の弁護団が書いた準備書面(1)の主張で前代未聞の文言が「労基法上保護される労働組合活動とはいえない」である。こんな学説も主張も今までに見聞きしたことが無い。労基法上保護される労…

詳細を見る

種々の「骨抜き」が最初から仕込まれていた労働契約法第18条「5年ルール」

「車大手、期間従業員の無期雇用を回避 法改正、骨抜きに」というタイトルの記事が11月4日の朝日新聞に掲載され、衝撃を受けた。「トヨタ自動車やホンダなど大手自動車メーカーが、期間従業員が期限を区切らない契約に切り替わるのを避けるよう、雇用ル…

詳細を見る

「黄犬契約」について

「黄犬契約」というのは、労働者が労働組合に加入しないことを雇用条件とすること。労働者が労働組合から脱退することを雇用条件とすること。労働者が労働組合に入ったとしても、積極的な組合活動をしないことを雇用条件とするもので、使用者が上の事実を行…

詳細を見る

雇用契約について―不要式契約とは何か?

東京都庁議事堂レストランの解雇撤回闘争における労働委員会の「答弁書」(はなまる)は「雇用契約は不要式契約であること」をしきりに強調している。「不要式契約」というのは労働者を会社が雇用する場合に必ず雇用契約書を書面で締結しなくてはならないと…

詳細を見る

WBGT-Monitor(熱中症測定器)を各職場に常備させよう!

暑さ指数の事をWBGTという。熱中症チェッカーとアマゾンで検索すると数千円台の安い測定器が出てくるがこれは正確な数値が出ないので使い物にはならない。WBGT-Monitorと検索すると3万円くらいの測定器が出てくる。私の職場で使っているの…

詳細を見る

日本の最低賃金は世界最低水準

6月30日、民主労総は、「最低賃金1万ウォン」などを掲げて初の「非正規職ゼネスト」を打ち抜き、公共部門の非正規職労働者を中心に5万7千人がストに立った。2016年10月に改訂された最低賃金は全国加重平均額で823円であり、一番高い…

詳細を見る